トイレが成功したら一番のおやつを

私が初めて自分で犬を飼い始めたときに、ブリーダーさんから教わった方法は、「染み込まない素材の床(フローリングなど)一面にトイレシーツを敷き詰め、子犬が決まったところに排泄をするようになったら、その場所へ向けてだんだんシーツを狭めていく」というものでした。

シーツの代わりに新聞紙でもOKで、子犬に解放するのは4畳半くらいのスペースがちょうどいいようです。

最初は、シーツの上でできたらほめておやつを与えます。床全面にシーツが敷かれていますから、必ず成功します。そのうちひんぱんに排泄を行う場所が決まってくるので、そこへ向かって徐々にシーツのスペースを狭めていきます。最終的に1枚のシーツになるまで狭めたら、あとは飼い主さんの都合のいいところ(トイレを置きたい場所)まで、シーツを1日数㎝くらいずつ移動させるのです。

友人の愛犬(トイプードル/3歳)は、今までできていたトイレが病気のせいでできなくなってしまいました。しかし初心に戻って、トイプードルのしつけのやり方で8畳の部屋一面にシートを敷いてやったら、1ヵ月ほどで1枚のシーツの上でできるようになったそうです。

子犬を暇にしてしまうとシーツで遊び始めますので、暇にさせないよう気を付けなければなりません。どうしても破いてしまう場合には、洗って繰り返し使える「破れないトイレシート」を使うのもひとつの手です。

さて前回紹介したトイプードルの『マリー』のケースですが、お宅の床がすべてカーペット素材だったので、マリーが遊ぶスペースはキッチンと決めました。キッチンの床は、クッションフロアで防水加工がされています。これならシーツが染み込む素材であることを意識させやすいですし、掃除も簡単。飼い主さんがマリーを見ていられないときはゲージに入れて、遊ぶときはキッチンのスペースに出して遊びます。

シートの上でトイレできたら、とっておきのおやつを与えることにしてもらいました。ダイニングテーブルのそばは、粗相されやすいエリアなので、しばらくはダイニングルームには入れません。

この方法で学習を始めたところ、賢いマリーは1ヵ月とかからないうちにトイレを覚え、リビングで遊んでいても、ふと思いついたようにキッチンに走って行き、排泄をしてうれしそうに戻って来るそうです。うれしそうなのはもちろん、その様子を見て理解した飼い主さんが、キッチンのトイレを確認しておやつをくれるからです。

おやつが大好きなマリーにとっては、「ダイニングテーブルの周りで排泄をしておやつがもらえない」なんて、「ありえないこと!」になったようです。