基本的にトイプードルは

ポメラニアンの場合、お部屋の中で飼うので、トイレのしつけトレーニングは必要なはずです。トイレのしつけの中で重要であるのは、トイレの在り場所をポメラニアンにきっちりメモリーさせることに決まっています。
犬は、歯の生え変わるころしつけをして、噛む強さの判断を習得させておけば、大きくなったとしても噛む力の加減を身に付けているので、噛むことをしないようになると思います。
子犬を飼う以上、過度に甘やかせず、犬としての在り方を確実に学習させることは、まず重要です。ちゃんと的確にしつけてあげましょう。
子犬の頃、徹底して甘噛みはしてはだめというしつけなどされなかったワンコは、成犬になってもそれでも強くはないものの飼い主などを噛む行為をし始めることもあると聞きました。
散歩をすることとか、餌を食べること等、犬が嬉しい時間やアクションは実はご褒美なのです。それを上手く利用し、イベントの時間の前にトイレのしつけトレーニングをするようにしても有効です。

犬が痛くて鳴くのは、かなりの重大事です。犬が無駄吠えをする訳がケガのせいだと見受けられたら、早速動物病院などで診察してもらうべきです。
時折、トイレで排泄するのに差しさわりが出る病気はないか、獣医の先生に相談して世話をしてあげることが欠かせません。病気にさせないことは愛犬のしつけの最重要な点なのです。
しつけ時の心構えですが、故意でなかったとしてもポメラニアンを殴ったりしては駄目だと思ってください。恐怖が大きくなって、人に対して心を閉ざしてしまう犬になる可能性があると言います。
基本的にトイプードルは、犬の中でも上位の聡明さ、朗らかな性格です。飼い主の指示に従い、人を必要以上に怖がらずに、感性が鋭敏で、様々な反応も良いので、しつけをしても確実に覚えるはずです。
ふつう、無駄吠えは少なく、人になつきやすいばかりか、飼いやすいとされるラブラドールだけど、それなりの大きな犬なので、上下の関係を教えるしつけを心がけ、その他のしつけも最初から実践するべきです。

餌などの欲求を充足させているというにも関わらず、ただ飼い主の興味を寄せようとして、無駄吠えを続ける犬がいることも本当らしいです。
無駄吠えの他にしつけが必要とされるのは、飛びつきだと思います。ふざけて、大きなラブラドール・レトリバーが誰かに飛びついたあと、勢いに乗って噛みついた末に、傷つけてしまうこともないとは言えません。
ポメラニアンの特徴として、しつけをされつつ徐々に関係を作ることを楽しんで行う犬です。小さな子犬の頃から怠らずにしつけをしていくことをお勧めします。
もしも、昂ぶって噛む犬をしつけるとしたら、感情を抑えて、ゆったりと取り組むことが大事だと思います。声を荒げてしつけを続けていても、効果なしかもしれません。
しつけ本などは「吠える犬たちをどうやったら静かにできるか」といった方法ばかりに注目しております。けれど、吠える原因というものが取り除かれていない限り、しつけになりません。